グレインフリーキャットフードランキング!最新おすすめは?

グレインフリー キャットフード

グレインフリーのキャットフードがおすすめなワケ

 

最近、キャットフードの中で「グレインフリー」と表示されているものが増えてきたと思いませんか?グレインフリーはどうやら猫ちゃんの健康にとっていいようです。だから最近グレインフリーのキャットフードを選ぶ人が増えているようなんです!その人気理由は何なのでしょうか?当ページでご紹介していきましょう。

 

穀物不使用のキャットフードがグレインフリー!

 

グレインには「穀物」という意味があり、フリーには「入っていない」という意味があります。つまりグレインフリーとは「穀物が入っていない」という事ですね。キャットフードの中には穀物をたくさん使ったキャットフードもたくさん出ていますが、穀物は猫ちゃんにとって消化が悪いので、胃腸に負担がかかりやすいです…。

 

しかしグレインフリーのキャットフードであれば、消化に良い上に、猫ちゃんが大好きなお肉や魚をふんだんに使っていて、良質なたんぱく質をたっぷり補う事ができます。原材料にこだわって製造されているので、グレインフリーのキャットフードは穀物入りのキャットフードよりも高めになってしまいますが、その価値はあるはずです。

 

大事な猫ちゃんにいつまでも健康的で元気に過ごしてもらいたいのであれば、グレインフリーのキャットフードをおすすめします!

 

グレインフリーのキャットフードの魅力とは?

 

・猫の胃腸に負担をかけない
・病気になりにくくなる
・健康維持にぴったり
・正常な便が出る
・猫の食いつきがいい!
・猫の胃腸に優しい
・栄養価が高い

 

上記の特徴がグレインフリーのキャットフードで得られるメリットです。猫ちゃんもおいしく食べられる上に栄養バランスにも優れていて身体に優しいキャットフードです。猫の病気が心配な飼い主さんに好まれているので、家族の一員である愛猫ちゃんの餌として、グレインフリーのキャットフードに切り替えてみてはいかがでしょうか?

 

グレインフリーのキャットフードは安い?高い?

 

最近、キャットフードの中でもグレインフリーのものが人気です。しかしグレインフリーはそれだけ栄養バランスも良く、品質がいいので高めになります。しかし消化も良く、猫がガツガツ食べてくれるようになるなど、様々な良い効果をもたらしてくれるので、高くてもグレインフリーを買う飼い主さんが増えているのです!

 

グレインフリーが高くなってしまうワケとは

 

グレインフリーのキャットフードは飼い主さんには残念なことに安くありません。穀物を使用しているキャットフードの方がリーズナブルでしょう。穀物を使わないという事は、それだけお肉や魚の配合量を増やさなければなりませんよね。となると、肉や魚を多く入れる分費用がかかり、価格も高めになります。穀物を使っているキャットフードであれば、穀物でカサ増しができるので、その分肉や魚の原材料を少なめにでき、コスト削減できます。

 

グレインフリーに変えるメリットとは

 

猫と穀物(グレイン)は実は相性が良くありません。猫が穀物を摂取すると下痢を起こすことやうまく吸収できずに消化不良を起こしてしまう可能性があります。猫は体調不良を起こしていてもわかりにくいので放置してしまいがちですが、消化不良を見過ごしていると、そのうち猫の消化器官は傷ついてボロボロになってしまうでしょう。

 

また、肉食である猫ちゃんにとって必要なのは肉や魚などの動物性たんぱく質なので、穀物はさほど必要ではありません。しかも猫の中には穀物アレルギーを持っている猫もいるので、グレイン入りのキャットフードを食べてしまうとアレルギー反応を起こしてしまう事も十分にあり得ます。

 

基本的に一度アレルギー反応を起こしたら、そのキャットフードを食べる事は難しいでしょう。グレインフリーのキャットフードであればこのようなリスクがないので安心です。猫ちゃんの健康促進や体調管理にこだわっている飼い主さんなら、ぜひグレインフリーに切り替える事をおすすめします。

 

グレインフリーと猫の腎臓病の関係

 

猫がかかりやすい病気で多いのが、腎臓病です。猫は腎臓関連の疾患にかかりやすいので、飼い主さんは日頃から猫の腎臓をいたわるよう配慮しておくといいでしょう。そのために何ができるかというと、キャットフードを穀物入りのものから穀物フリーのものに切り替える事です。それでは、どうして穀物不使用のキャットフードが猫にとっていいのでしょうか。

 

グレインフリーのキャットフードでリン防止

 

猫が腎臓病にならないようにケアするためにも、キャットフードはリンが少なめのものを選ぶといいです。腎臓機能がおかしくなってくると、猫はリンを排出できなくなり、血液の中にたまってしまうからです。

 

という事は、リンの摂取を控えなければなりませんよね。リンを吸着してくれるサプリメントを使う事もできますが、穀物フリーの餌をあげることによってリンの摂取を控える事ができます。穀物はリンも豊富に含むからです。

 

腎臓病予防にはグレインフリーを

 

たんぱく質は本来猫の栄養として良いものとされていますが、グレイン入りのキャットフードを選んでしまうと、穀物が入る分肉や魚などの動物性たんぱく質の量が減ってしまいます。さらにリンを多く含むので、腎臓疾患にはよくありません。
猫に体内にリンがたまってしまう恐れがあります。

 

グレイン入りのキャットフードは、穀物を使っていない分リンが多く、基本的に主原料は穀物であり、肉や魚などのたんぱく質は少なめです。コストが安めなのでつい買ってしまいますが、猫の腎臓病予防には不向きでしょう。これがグレインフリーのキャットフードであれば、穀物はいっさい使用されていないので、主原料には肉や魚になり、消化も良く、猫ちゃんの身体に負担をかけにくいです。

 

終わりに…

 

猫の腎臓病は、飼い主さんが思っているよりも深刻で厄介です。腎臓が7割機能しなくなった時に初めて症状が出る事もあり、手遅れになってしまう事もあります。他の病気と同様に、早期発見であれば改善の余地がありますが、それでも完治は難しいので、日頃から腎臓疾患にかからないように先回りしておくといいですね。そのためにもグレインフリーのキャットフードをおすすめします。

 

グレインフリーのキャットフードは子猫に良い?

 

最近グレインフリーのキャットフードがよく売れています。子猫からシニア猫まで、幅広い世代の猫に使えます。グレインフリーは猫の身体に優しいのでおすすめなのです。子猫ちゃんにもおすすめのグレインフリーには、いったいどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

どうして子猫ちゃんにもグレインフリーがおすすめなの?3つの理由

 

グレインフリーのキャットフードは、子猫にも良いと言われています。その理由には以下の3つが考えられます。

 

肉や魚が豊富
グレインフリーのキャットフードには穀物を使わない代わりに、お肉や魚などを豊富に含みます。子猫の時期は成長期の大事な時期でもあるので、猫ちゃんには栄養価の高い食事が求められます。安いキャットフードに限って大量のグレインが主原料として配合されています。

 

その一方で、グレインフリーのキャットフードは少し高めになってしまいますが、その分穀物がいっさい使われていないので、肉や魚の量が必然的に多くなりますよね。豊富な動物性たんぱく質が含まれているので、まさに育ち盛りの子猫の栄養源としてピッタリです!

 

アレルギー対策になる
とうもろこしや穀物は猫にとってアレルゲンとなる事があります。グレインフリーであればこのような穀物を使っていないので、必然的に穀物アレルギーを防げるでしょう。アレルギー持ちの子猫ちゃんも、これなら安心ですよね。

 

消化に良い
子猫の時はまだ身体も小さいのでデリケートです。そのため、子猫の胃腸をいたわり、消化の良いものを与えていると安心でしょう。グレインフリーは穀物を含まないので、子猫のお腹に優しいと言えます。

 

終わりに…

 

このように、グレインフリーのキャットフードは子猫の身体に優しく、安心して食べる事ができるのでおすすめなのです。栄養バランスにも優れているので、子猫ちゃんもスクスク育ってくれるでしょう。

 

グレインフリーキャットフードの口コミ

 

猫のご飯にグレインフリーのキャットフードを選ぶ人が最近多いです。グレインフリーのキャットフードにはどのような魅力が隠されているのでしょうか?これからグレインフリーに切り替えようと考えている飼い主さんは、グレインフリーを使っている方の口コミをぜひご参考にしてみてくださいね。

 

腎臓病予防として使ってます

 

「猫は腎臓病の発症リスクが高いという事を知りました。そのため、キャットフードも腎臓病予防になるものを選びたいなぁと思い、グレインフリーを使っています。それまでは穀物入りの安価なものを選んでしまっていたのですが、猫の腎臓には植物性たんぱく質がよくないみたいで、穀物入りのキャットフードはまさにそのリスクがあるようです。

 

その点、グレインフリーであれば穀物が使われていない分、肉や魚メインで、必然的に植物性たんぱく質が避けられます。グレインフリーの方が栄養価も高く消化器官にも優しいようなので、毎日安心して与える事ができます。しかもグレインフリーの方が食いつきがよくなった気がします!やっぱり猫の大好きなお肉がたくさん含まれているからでしょうか。」

 

チキンたっぷりグレインフリー!もりもり食べてくれる

 

「グレインフリーに乗り換えるまでは小食気味だった買い猫が、グレインフリーに変えてからというものもりもり食べてくれるようになりました。グレインフリーは穀物を使っていないので、その分肉の量が多く、チキンの風味も豊かです。だから味もおいしくて食いつきがいいのかなと思ってます。

 

お腹にも優しいようなので、愛猫にいつまでも元気で過ごしてほしい私としては、見ていてとても気持ちいいです。この調子で健康的に暮らしていってほしいと思います。」